語学学校の種類と特徴

■大学付属英語学校

大学やコミュニティーカレッジが提供している英語プログラム(ESLプログラム)。であり、もともと大学入学を目指す留学生のための英語研修プログラムとして設立されたもので普通の語学学校として誰でも入学することは可能。アカデミックな英語を学ぶ事に重点を置いており 、大学進学を考えている方に適している。


■特徴
留学生のための英語研修プログラムのため、単に英語力を向上させるだけではなく、大学教育で必要なリーディング、ライティング、文法力やレポートの書き方やプレゼンテーションなどを身につけるクラスのほか、TOEFL、GRE、GMATなど、テスト対策を重視したクラスもある。学校によっては、コースの上級などに進むと、その大学へテストなしで進学できる。


■メリット・デメリット
メリット
・大学の施設・設備を使うことができ、キャンパスライフを味わうことができる。
・キャンパスで行われているイベントなどにも参加することができ、ネイティブのアメリカ人と接触する機会が多い。
・進学カウンセリングなどもあるので、その大学に進学する人は安心して入学できる。
デメリット
・コースが大学の学期制にあわせて開講されているところが多いため、入学の時期が限られる。
・私立語学学校に比べ費用が少し高め。


■こんな人に向いている
真剣に語学力をしっかりアップしたい人
大学や大学院などへの進学を考えている人


■私立語学学校(キャンパス型・都市型)
私立の語学学校はプライベートスクールのこと。大学のキャンパス内にある語学学校と、主に都市の中心付近にある都市型の語学学校の2種類ある。基本的に誰でも入学することは可能。

 

 

■特徴
学校の方針は様々。厳しいところもあるし、やさしいところもある。アカデミックな英語を学ぶ事に重点を置くところもあるし、アクティビティーに力を入れているところもある。また、学費やコースも様々。自分にあった学校選びが必要になってくる。

キャンパス型と都市型の違い
キャンパス型の場合、大学付属英語学校のように大学の施設・設備を使うことができ、キャンパスライフを味わうことができる。都市型では、英語に慣れ親しむといった傾向が濃く、様々なコースがある。

 

 

■メリット・デメリット
メリット
・コースが多様化していて、様々な選択が可能。
・アクティビティが充実しているところが多い。
・1、2期間の超短期留学~1年以上の長期留学や入学時期を選ばずに入学できる。
デメリット
・自分にあった学校選びが必要。
・学校により費用の差が大きい。

 

 

■こんな人に向いている
一般英語コース+@アクティビティなど文化を楽しめるコースもたくさんあるので、楽しく語学を習得したい人におすすめ。
・真剣に語学力をしっかりアップしたい人
・大学の休みを利用して留学したい学生
・遊んで学ぶ遊学タイプの人
・費用を安く留学をしたい人

 

アメリカ留学
アメリカ留学
アメリカ留学
ダンス留学