安い留学VS高い留学

留学費用って幅があるけど、いったい何がちがうか?

一般英語(18〜23時間/週)をメインとしたコースを選択、ホームステイは2人部屋またはアパートシェアというのがポピューラーなケースだ。

 


学校名:AOL College
授業料:34.5万円(18時間/週)
滞在費:48万円(アパートシェア)
航空運賃:10万円
交通費:4.8万円(バス定期)
海外留学生保険:14万円(AIU)
諸手続き費用:5万円
食事・小遣い:70万円

合計約186万円


メリット・特徴
・価格が安い
・自炊が基本、部屋探しをはじめ多くのことを自分で行う為、自活力がつく
・自分で動くことにより、実践で役立つ英語力がつく

集中英語(20〜25時間/週)をメインとしたコースを選択、ホームステイは1人部屋、1日2食付きというのがポピューラーなケースだ。

 


学校名:MLI
授業料:47.3万円(24時間/週)
滞在費:96万円(ホームステイ)
航空運賃:20万円
交通費:4.8万円(バス定期)
海外留学生保険:18万円(AIU)
諸手続き費用:10万円
食事・小遣い:70万円

合計約284万円


メリット・特徴
・価格が手ごろ
・学校の選択肢が多くある。
・一般英語+@でビジネス、発音、おケイコなどのオプションを用意している学校も多数
・ホームステイの質はしっかりと確保されている。

集中英語(20〜25時間/週)をメインとしたコース+@を選択、ホームステイやホテルというのがポピューラーなケースだ。

 

 


学校名:EF
授業料:169万円(26時間/週)
滞在費:192万円(ホテル)
航空運賃:40万円
交通費:9.6万円(車ガソリン)
海外留学生保険:19万円(AIU)
諸手続き費用:15万円
食事・小遣い:100万円

合計約544万円


メリット・特徴
・学校や生活の環境が最高。
・クラスは少人数制。
・世界中から裕福な家庭の子息が学びにくる為、人脈やネットワークは今後の人生でも活きてくる。
・ステイ先はゴージャス、デラックス!


アメリカ留学
アメリカ留学
アメリカ留学
ダンス留学