なぜ海外留学をするのか?

■語学留学とは
日本国内でも英語の勉強はできるが、実際に英話を話したりする機会が少なく、なかなか上達しない方も多いはず。語学留学となると、現地の語学学校で英語を学び、即実践できる。そういった貴重な体験ができるのが語学留学の最大のメリットといえる。また、語学学校には大きく分けて大学付属と私立の2種類だ。


語学留学を通して将来の可能性を探る
語学留学には多くの可能性が広がっている。英語が話せるようになるだけではなく、異国の地で様々なことを経験することでグローバルに成長することができるのだ。色々な国の外国人と友達になれるし、友達ができる事で各諸外国に人脈が広がる可能性もある。留学期間中に経験した事は将来かけがえのないものになるはずだ。


正規留学に挑戦
語学留学の次のステップとして、コミュニティーカレッジ、大学、大学院、専門学校などへの進学がある。語学力に自信のない人でも留学中に英語力がアップして進学を考える人も多い。また、多くのコミュニティーカレッジでは条件付きで講義を受けられる(一部の大学でも可能)。語学留学をすれば、大学進学などは意外と身近になるのだ。



 

仕事や生活に役立つ「英語力」を習得
将来アメリカ(海外)で仕事をしたいというのであれば、留学中に現地での就職状況をキャッチしたり、インターンなどで人脈を作ることができる。もちろん英語力は必須になるが、留学中に語学力をアップすれば道は広がるはずだ。


グローバルな価値観を習得
語学学校には、世界中からいろいろな人が集まってくる。アメリカにいながらヨーロッパやアジアのたちと出会うことができるため、いろいろな価値観や文化を知ることができる。まさにグローバルな価値観を習得できるのだ。


海外生活を体験
海外での生活をはじめるには、語学留学からはじめるのがいいだろう。午前中は語学学校に通い、午後は自分の好きなことに挑戦したり、スポーツ観戦や美術館めぐり、映画を見にいったりなど、現地での生活を生で体験できる。


ESLって何?
ESL(English as a Second Language)は、第二言語が英語という意味。一般に、留学生のための英語コースであり、6段階にクラスが分かれる。レベル1が初心者、レベル6が上級者だ。話す、聞く、読む、書く、文法などを集中的に学び、時にはプレゼンテーションやレポート提出など、様々なことを通して英語を学んでいく。ESLコース以外にもIEPコース(
Intensive English Program)General Englishコースなど、学校によって呼び方も様々だ。

正規留学を目指す人は、規定のESLコースを修了すればTOEFLスコアーなしにコミュニティーカレッジや大学などに進学することができる。(語学学校が提携している学校に限る)また、場合によってはESLを受けながら、正規の授業を受けることもできる。

高校や大学の夏休みを利用して、短期で留学留学する人も語学力アップの為入学するということができる。

 

アメリカ留学
アメリカ留学
アメリカ留学
ダンス留学